どのドラマも

昨日、友達から「かめのドラマで何が一番好き?」と聞かれ、
「う~ん、ごくせんでかめを好きになったけど、ひと恋で完璧にハマったし
でもベムもよかったし、山猫もホント好きだしなぁ~これが一番!って
選べないわ」と言ったら「だよね。同じ!同じ!」としばしドラマ談義


何でもツイで、どのドラマでハマったのかが話題になっているとかで
これを語り出したら、みんな、それぞれだろうし、このドラマのこの場面!
っていうのも言い出したら、キリがないよね~と、、、


ごくせんの竜を見た時の衝撃は11年経った今でも鮮やかに残ってて
何?何?このかっこいい子、、、誰なん?何者?って感じでドラマ中
釘付けで、ドラマ終わりに流れるテロップで亀梨和也 赤西仁(KAT-TUN)
というのを見て、「KAT-TUNって確か、ジャニーズだぁ~~~」って
拓哉目的で買ったMyojoをすぐに開いて「いたぁ~この子だ~~
えぇっ、まだ18歳?若~い!でも大人っぽ~い!」と一発で好きになった。
隼人もかっこいいけど、クールで物静かな竜にやられちゃったもんね。


その後の野ブタの修二はかわいくって、これも大好きなドラマだったけど
やっぱりなんと言っても、夢中になって、毎回、リピしまくって、
終わってからもこれほど見たドラマは拓哉のロンバケ以来かも?と
思うくらい見まくったのが「ひと恋」
弘人にはホント心底、惚れまくったからね。


今でも無性に横浜に行きたい!と思うのは、そこに行けば、
弘人が感じられるからで、弘人に会いに横浜に行きたい!とよく思うし、
今でも横浜で弘人が暮らしていると思い込んでいるから、、、


それと同じくベムもきっとどこかで人間たちを助けながら、
生きているんだろうなと思ってる。
夜、きれいな月を見ると、必ずそんなふうに思うし、ベムを思い出す。


そして新しいところでいえば、セカラブの慶とか山猫も、、、、

要はかめが演じた役はそのドラマが終わっても、どこかで生きている、
そこで生活している、実在していると感じる。
それはやっぱりかめがその人として、ちゃんと生きているから、、、
その役を演じているんじゃなく、その人になって、そこでちゃんと生きて
生活してるのを感じるからなんだろうな。

そういうふうに思えるのはやっぱり役者として、すごいことだし
これからもかめが演じる役はそんなふうに感じるだろうと思う。

次はどんなドラマでどんな人になってくれるのか楽しみです。
功太としてのかめが終わったばかりなのに、もう次のお知らせが
待ち遠しいな。


さぁ、今日はVS嵐のたっちゃん、楽しみ~

ジャニーズブログランキング


スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する