こんなにすごい番組があるだろうか

ダメだ、、、泣けてきてしょうがない
昨日の少プレの音源だけを朝から聴いて、洗濯物を干しながら涙、、、

昨日はいろんな思いで少プレを見ていたので、終わった後は
本当に力尽きてしまって、いつもならリピしまくるのにできなかった。
もっと見ていたいのに、なんだかいろんな思いが溢れてしまって、、、


いろいろな形のライブをテレビで見ながら、あまりのクオリティの高さ、
構成のすばらしさ、かめ達の一曲一曲に掛ける思い、KAT-TUNのこの
10年の歩み、そしてこんなにすばらしい番組が今日で終わってしまう寂しさ、
そんなものが全て合わさって、胸にズシーンと響き渡って泣けてきて
しょうがなかった。


Clubスタイル、アコースティックスタイル、そしてロックスタイル
どれをとってもKAT-TUNのスタイルで、この二年間、この番組で
築き上げてきたすべてがこのライブに出ていたな~と、、、


どのスタイルを見てもどの曲を聴いてもすばらしくて、
本当にKAT-TUNっていい曲ばかり歌ってきたんだな~って思ったし
どの曲を聴いても過去に歌った時よりも大人な感じですごく成長を感じて
本当にいいグループになったな~と、、、

この二年間やってきたことは全て彼らの糧になるだろうし、
これからのKAT-TUNの道標になることは間違いないと思うのです。
6人だろうと5人だろうと4人だろうと、
そして3人になろうともKAT-TUNはKAT-TUN
どんな形になろうとかめ達は自分達のスタイルで自分達が思い描く未来に
向かって進んでいく、、、現実をしっかり受けとめながら地に足をつけて
しっかりと歩いていく、、そんなグループだよね!KAT-TUNって、、と
改めて思った少プレでした。


こんなすばらしい番組が終わっていくのは本当に悔しいけど
でも終わりがあれば始まりがあるし、KAT-TUNが終わったわけじゃない。
充電期間を経て、絶対にすばらしい形で帰ってくると思うし
あの3人なら絶対にやってくれるよね。
だってあんなに最高の番組が作れるんだもん。
この先、もっともっとすごくなるに決まってる。
そのための充電期間だと信じています。

はぁ~!しかし本当に幸せな二年間でした。
スタッフからのKAT-TUNへの愛が番組のいろんなところに感じられ、
こんなにスタッフとアーティストが力をあわせながら誠心誠意を込めて
作ってきた番組ってあるだろうか?って思うくらいすばらしい番組でした。

この少プレというすばらしいスタッフたちがいる番組から離れなきゃ
いけないのは本当に悲しいけれど、この先、頑張っていけば、またきっと
KAT-TUNと一緒に仕事をしたい!こんな番組を作りたい!というスタッフが
またKAT-TUNと一緒にすばらしい番組を作ってくれるだろうと思うのです。
それだけの関係がこの2年で作れたと思うから、、、
本当に少プレスタッフのみなさん、そしてKAT-TUNありがとう!!


ジャニーズブログランキング


スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する