千穐楽、お疲れ様でした

終わった、、、終わってしまった。
毎週、賢治さんに会いに行ってたのに、その生活も終わってしまった
(弓子風に)


まだまだ「青い種子は太陽の中にある」の世界から抜け出せずにいます。
っていうか、まだまだ抜け出したくない気持ちです。


これほどこの舞台が、そしてこのカンパニー全体が好きになるとは、、、
あのスラム街の人達もみんな、全てが大好き過ぎてたまりません。


大千穐楽、、、すばらしかった。
楽前公演の力の入り方が賢治始め、みんなすごくて、
マリーとサリーの掛け合いなんて、見ていてワクワクしてきて楽しくて楽しくて
乞食の歌とか、本当に一緒に歌って「ヘイ!」とかって拳をあげたい気持ちで
いっぱいだったもんなぁ~

あれ?ここ、こんな感じだったっけ?こんなにすごかったっけ?ってとこが
いっぱいで、楽前がこれだけすごかったら、千穐楽はどうなっちゃうんだろ?
自分も楽前でこんなに感情が高ぶってるのに千穐楽はどうなっちゃうんだろ?
って不安だったり、楽しみだったり、さみしかったり、いろんな感情が
入り混じっていたんだけど

昨日はもう最初からウルウルしてしまって、賢治と弓子の歌や
賢治とお父さんの歌とか、とにかく涙が止まらなくなってしまって
やばかったんだけど、


やっぱり歌っていいなぁ~って改めて感じた今回の舞台。
音楽劇って何?って始め、聞いた時は思ったけど、この舞台が音楽劇で
よかった!と改めて思ったし、それを松任谷さんが作ってくれてよかった。
本当にいい曲ばかりだったし、聞くたびに好きになったもんね。


蜷川さんが言う歌うんじゃなくて、話すように、、という意味もホントよくわかる。
ミュージカルとは違う、歌うというより、気持ちをメロディに乗せる音楽劇
あの歌があるから、賢治や弓子の気持ちが切ないほど伝わってきて
気持ちが揺れ動かされ、耳に、頭に、心に残る。


かめは本当に賢治だった。身体も心も全て、賢治そのものだったなぁ

ラストの弓子が死んでしまうシーン、毎回、ボロボロ泣きながら
双眼鏡でガン見してたんだけど、賢治も毎回、ボロ泣きで
汗と涙がポタポタ落ちるのが、本当に美しくて悲しくて綺麗でたまらんかった。

芝居とはわかっていても、かめと賢治が完全に一体化しているこの舞台
恋をして、うれしくて、幸せそうで、こっちまでにやけてくる一幕目が終わると
あとはずっと辛そうで、どうにもならないやりきれない気持ちを抱えている
賢治を受け止めるのが本当に辛かった。

かめにはいつも幸せでいてほしい!苦しいことや辛いことがかめに
降りかかりませんように!と願っている自分がいるんだけど、この舞台では
二幕目からはずっと辛そうにしているかめがいて、、、いや、賢治なんだけど
でもそれだけ役と一体化してたから、自分も本当に辛くて


だから大号泣した後、カテコでたくさんのキャストの中、
賢治が最後に出てきて、お父さんの六平さんに声をかけられて
ホッとしたような顔でにっこり笑うかめに、あ~!いつものかめの笑顔だ~
って、こっちもやっとホッとできたんだけど、
昨日の千穐楽は上から降りてくる時にはもう笑顔で、その笑顔を見たら
ますます泣けてきて、晴れ晴れしい顔で会場を見渡すかめが誇らしくて
たまらんかった。


舞台経験豊富な方達の中で、外部舞台は初挑戦、、しかも蜷川舞台で
不安や恐怖はすごかっただろうけど、その中で座長としてどれだけの努力と
気配りをしたことだろうね。

昨日、たくさんのキャストの方がツイやブログで千穐楽ということで
書いていらしたけど、「澤魁士ブログ」
座長 亀梨和也さん!!。
太陽のように熱い芝居と光るオーラと数々の素敵な【おもてなし】
人間スケールの偉大さには魂より魅せられました *\(^o^)/*


「つまみ枝豆ブログ」でも
超カッコ良かった座長

バンドでチェロを弾いてた方のツイ「伊藤修平さんツイ」
座長亀梨さんの情熱と男気に感謝感動!!

こんな舞台にたくさん出ていらっしゃるベテランの方にこれだけ素敵なことを
言ってもらえる亀梨和也は、どんなステキな座長だったことでしょう。
たぶん誰に対しても敬意をはらい、一人一人としっかり向き合い、
どんな時も謙虚で、とにかく一生懸命、、、きっと誰もが好きになってしまう。

それが本当に最後のカテコで伝わってきて、、、それはドリボで見た
キャスト全体を引っ張る亀梨和也ではなく、とにかくみんなが同じ志を持って
みんなで一つの舞台を作り上げた、その中心でみんなから愛され、
光り輝いている亀梨和也を感じ、本当にうれしかったし感動したのです。


2回目のカテコで「またお会いできる日を楽しみにしています」と
幕が閉まったのに、拍手が鳴り止まず、3回目のカテコでは
「また、会ってしまいましたね」というかめに会場もキャストも
さすが座長!うまい!といった感じで、、そんな雰囲気もホントよかった。

外部舞台だから、かめからの挨拶はないかな?って思ったけど、
幕が途中まで閉まったところで「こうして観に来てくださる皆様が
いてくださって、改めてお客様と一緒に作っている舞台なんだと感じました。
本当にありがとうございました」との言葉


感謝の気持ちを素直に表すかめが本当に素敵でかわいくて、かっこよかった!
いつも思ってるけど、本当に心からこの人のファンでよかったな~
こんなステキな人を好きになってよかったなぁ~って感じながら帰ってきました。

かめ、本当にありがとう!
そして、お疲れ様でした。少し休めるといいね。
でも正直、すぐにまた会いたい気持ちでいっぱいです。

ジャニーズブログランキング

スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する