緊張感を持って

昨日、ようやく週刊朝日読みました。
ホントこれ読むと、亀梨和也という人間の人柄がよくわかるなぁ~
ここまで真面目でストイックだと思っていないであろう世間の人には
ぜひ読んでもらいたい記事だったな。


しかし、舞台でもライブでも人前に堂々と立つ亀梨和也はあんなに
キラキラと輝いていて、堂々としているのに、未だに自信がなく
裏にいったら「ヤバイヤバイ」と一番言ってて、「堂々としてくれよ、座長」
という感じだなんて、、、


ま、確かに緊張するタイプなのはわかる。
初日はすごい緊張しているのが伝わってきたし、オカリナを吹く手も
緊張で震えてるのがわかったもの、、、
でもその後は緊張もとれて、堂々としている感じだったけど、、

だけど、そういう緊張感っていうのは常に必要なのかもしれないね。
緊張感を持ってた方が締まったいい演技ができるんだろうし
怖さを持ってるからこそ、一生懸命頑張れるんだろうし、、、


ヒガシが少プレで達成感を感じたことがないというかめに
「蜷川さんの舞台をするといいよ」と言ってたけど、きっと終わった後の
さみしさや脱力感は感じたとしても、きっとかめは達成感とか満足感を感じ、
燃え尽き症候群で魂の抜け殻状態にはならないタイプなんだろうなと
この対談を読んで改めて感じた。


どんな仕事をしても、全身全霊で頑張り、全て出し切ったとしても
そこからまた反省点を見つけ、次はもっとこんなふうに、こんなものを、、、
という高い向上心を持って、次に目指すところに向かって
進んでいくんだろうな。


本当にすごい男だよね。
そしてそんなかめについていって、次の景色を見せてもらえる
自分がホント幸せ!


さて、昨日は名古屋でタメ旅ロケだったみたいだけど、
かめはそこから大阪入り、、、
今日はオリックス劇場でリハかな?
大阪10日間12公演がいよいよ始まるね!!


ジャニーズブログランキング



スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する