すばらしい舞台です

ただいま~!
「青い種子は太陽のなかにある」の初日と二日目を観て、帰ってきての
NHKのレジェンドでのかめを見れる幸せ


さっきまで帰ってきて現実に戻った途端、「かめに会いたいよぉ~」と
かめが恋しくて恋しくてたまらなくなっていたから、なおさら、、、
要はかめに会ってくると、タガが外れたみたいにますます会いたくなるから
困ったもんだ。


さて、3年ぶりのかめの舞台、、、
一言では言い表せないけど、とにかくすごかった!

蜷川ワールドと言われるたくさんの出演者の方達の迫力、
そして舞台構成や八百屋舞台と言われるセット、、、もうすごかった!
オーチャードホールはクチコミを見ると、すごく見づらくてストレスがたまる
会場だとたくさんの方が書かれていたんだけど、すごい急斜面の舞台が
作ってあって、そのおかげで本当に見やすくてすばらしかった!


そして音楽劇と言われるだけあって、歌がすごく多いんだけど
とにかくみんな、歌がうまい!
充希ちゃんの歌声は澄み切っててとても美しくて、聞いてて心地いい!
そしてマリー役の花菜さんの歌声は音域が広くてすごい迫力で
それに対抗するマルシアもすばらしくて、、、
とにかく他の人もみんな、舞台慣れしてるというか、舞台の歌声なんだよね。


そんな中で、かめの声は舞台の声っぽくないというか、
初日は緊張気味だったこともあって、私的な感想なんだけど、
充希ちゃんとの歌声となんか合わないような、、、かめ、ガンバレ!
って応援したくなるような気になっちゃったんだけど

二日目は、うわっ!かめ、しっかり修正してきた~!って
ゾクゾクしちゃうくらいかめの歌声がよくって、一人で歌うブルースも
充希ちゃんとのデュエットもすばらしくって
“あ~!やっぱりかめの歌声は最高だ~”ってもう感動しちゃった!
いや~!やっぱりかめはさすがです。


そうなると、どの曲も場面にピッタリ合ってて、松任谷正隆って
やっぱりすごいセンスあるなぁ~すごいなぁ~って、、、


そして何より感動したのは、かめの迫真の演技、、、すばらしかった!
すばらしすぎて、初日もそしてそれ以上に二日目も泣けてしまった。

話の内容も初日のわからなかったことが二日目は理解できて
だからなおさら、話に入り込め、かつ、感情移入できて
終わった後、友達と泣きながら「もう最高やったね」と言い合ったからね。

しかも最後の挨拶がこれまた感動で、、、
鳴り止まない拍手にニコニコ笑顔で、何度も深々と頭をさげて
「ありがとうございました」と繰り返すかめがとにかくかわいくて愛しくて、、、

たくさんのカンパニーの真ん中でうれしそうで、楽しそうなかめの笑顔を
見たら、こっちもうれしくて幸せで、ずっとこんな顔のかめを見ていたい!と。


そして、かめのお礼が大好きな私にとってのかめの三方礼ね、
ドリボの時の三方礼とはちょっと違うんだけど、でもやっぱり誰よりも深くて
きれいなお礼をするかめはやっぱり座長が似合う!


とにかくやっぱり舞台っていいね!
ライブもそうだけど、舞台も生もので、きっとこれから先、間違いなく
日に日に進化していくだろうと感じられる2日間でした。
これから観られる方、、、
かめはかめが言うように私達にしっかり新しい景色を見せてくれますよ~!

次の観劇がすごく楽しみです。

明日はお休みだから、かめ、ゆっくりできるといいなぁ~
でもきっと他の仕事が入ってるんだろうな。

ジャニーズブログランキング

スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する