いっぱい愛されてるね

10ksのライブレポが載っている雑誌がどれもすごくいい!!
と言っても、Amazonや楽天で注文しているので、まだ届いていないのが
結構あるんだけど、この雑誌はいつも写真がいいから、、とか、
こっちはテキストがいいから、、と思って予約したけど、予想を裏切らず
どの雑誌を見てもKAT-TUNへの愛が感じられる写真とテキストばかりで、
あのライブを見て私達と同じように感動し、これだけのライブができるのに
充電期間に入るなんて、、、という気持ちにもなりながら、彼ら一人一人が
大きく成長して再出航する日を心待ちにしているのをどの雑誌社からも
感じられる。


いろんなことがあったグループだけに、迷惑をかけたこともたくさん
あっただろうけど、それ以上にこれまでの彼らの歩みや成長、
そして表には出ないような彼らの苦悩なんかも感じたり、そんな顔も
見てきたんだろうな。


「一緒に仕事をすると、絶対好きになる」と少プレでよく言われてたもんね。
たくさんのスタッフや関係者に愛されているKAT-TUN、、、
応援してくれる人は数え切れないくらいいるよね。


MAQUIAもその一つ、、、いや、大勢の中の一つだなんて、言えないくらい
かめに対しての愛情を感じます。連載が始まってから5年以上だもんね。
これ、亀カメラで単行本になるくらい、もっともっと続いてほしい!
ここにはかめの本音と素顔が溢れてる。

今月号も野球大会後の取材だから、野球のことを語りながらも
スターについて語ってる。

“スター”という役割は自分の意志だけではなれないことも分かった。
スターって立場と環境と世間の求めるイメージとか周囲に作られる部分も
大きい。だからなりたくてもなれるものではないけれど、才能以上に期待に
応えられる努力が必要だとは思う。
スターとはある種「リスクを背負える人」じゃないかな。
だって堅実にプレイするよりも派手でエンタテインメントなプレイをする方が
難しくて、失敗するリスクは高まるもん。


かめは自分のことをスターだなんて思ってないみたいだけど
まさしくかめはスター☆
常にリスクを背負ってる。だから努力も並大抵ではないだろうな。
きっと私達が思っている以上に努力をしている。

小さなことから大きなことまでプレッシャーを背負い続ける役割だからこそ
だんだん鍛えられて強くなれているんだろうし。きっとミラクルを起こせる
可能性も高まっているはずだから。


ホントかめは強いね。いや、強くならざるを得なかったんだろうけど、
こういうかめの発言とか気持ちを聞くと、かめって本当にすごい男だな
って思うと同時に、どこかでちゃんと弱音を吐けてたらいいなと思うのです。


MAQUIAの来月号はKAT-TUNのライブレポも、、、
ページは他誌に比べて少ないかもですがスペシャル&濃密な内容に
するべく製作中ということで、楽しみです。

ジャニーズブログランキング



スポンサーサイト

好きなものは好き!

なんだかここ最近、チケットのことばかり考えてて、かめをじっくりと
見てないし、声も聞いてなくって、今、ようやく昨日のかめラジオを
聞きながら、これを書いてます。



あ~!かめの話す声、笑い声、歌声、癒される~
で、癒されるだけじゃなくって、胸がキュンとさせられちゃう~


いつもラジオのかめの声をヘッドホーンで聞いているんだけど
この独特の声、いつ聞いても超好きな声、、、
特にラジオで話す声、いいよね~



MAQUIAのかめカメラ



ドラマが終わってゆっくり飲みにいけるようになったらしく
先日、男だけでこんな時間まで飲んだと時計の写真
スタートは6時だったということだから、約10時間近く飲んでたのか、、

いったいどんなメンバーで飲んでたんだろ?
でもこんな写真を撮るってことは、それだけ飲んでも酔いつぶれて
ベロンベロンじゃなかったってことだし、やっぱりかめはお酒が強いのかな?



テーマは「男らしさ」ってことで、ベムの役作りのために丁寧にメイクしたり
身体の毛をそったりしてたら、だんだんと女っぽい容姿になっていったと、、


女性らしい外見は自然体だけじゃ生まれず作り込むことから生まれたりする。
女らしさは見た目に表れやすいが男らしさは内面のことでしかない。
身体の筋肉より心の強さ、闘争本能、責任を背負う勇気、大切な人を守る決意
だと思う。


亀梨和也は心は男、体も男、恋愛指向もノーマルな男(笑)
でも普段は男らしくありたいなんて意識しないし女性にまつわるものにも
アンテナが敏感に反応する。


だから女性的なものが好きだし、楽屋ではガールズトークになる。
こういう話をすると「男らしくない。男のくせに」という人もいるかも
しれないけど、別にいい。

オレは車も美容も好きなものは心のままにどっちも楽しみたいだけ
他人にどう見られるかなんて気にせずに自分にとって素敵なもの、
面白いことに関してはいつもニュートラルでいたい。




かめのこういう考え方がすごく好き!
人の目が気になる立場だろうと思うけど、自分の好きなものに対しては
人からどう思われようと構わない!好きなものは好き。


私も好きなものには人がなんと言おうが、貪欲で、
ま、好きなものというのは、かめなんだけど、家族や友達、職場の同僚達は
「本当にいい年して、、」とかいろいろと言ってると思うけど(笑)、
何言われようと構わないもんね~


好きなものを「大好き~」って言えない方が辛いもん。
私はこれからもどこでも誰にも堂々と言っちゃうよ!
「私、亀梨和也が大好きなんです」ってね!



あ~!でもかめの好きなタイプは男も女も中性的なタイプ
「女性を前面に出さず、男らしさを感じさせる。
 小さなことは気にせず大らかさがある。」
ここはクリア!


でも「外食はどこでもOKだけど、家では料理上手で家事が丁寧」
この部分は完全にアウト!
外食は全然OKだけど料理は上手じゃないし家事は雑!
甘えない自立心も持ってないし、ネグリジェなんか最近、着たことない!
“能ある鷹は爪を隠す”タイプでもないしね。


う~ん、やはり亀梨和也の好きなタイプになるのは難しいね!


ジャニーズブログラ<br /><br />ンキング


友達の分も含め、チケットのお知らせです。

【交換して下さい】
 ・譲る―3/22(木)名古屋 2枚
 ・求む―2/11(土) 新潟 2枚

【譲ります】
 ・3/16(金) 福井 1枚
 ・3/16(金) 福井 3枚

大事なチケットです。
絶対に転売、ドタキャンしないと約束出来る方で条件があう場合は
コメント欄から鍵コメ(管理人のみ)にて連絡下さい。
よろしくお願いします。

創るということ

土曜日は朝からかなり暴走気味のかめを見ることができて楽しかったけど
来週も見せてくれるみたいで、本当にズムサタってすばらしいよね!



こうして長期間、定期的に登場させてくれるなんて本当にすごいことだな
って、改めて思って、、感謝!感謝!です。



今日は娘と「パイレーツオブカリビアン」を見てきたのですが、
そういえば映画ってかなり見てなかったなぁ~って、、、


なんといっても3D映画を見るのが初めてだったりするわけで、
かめも大好きなジョニーディップのかっこよさに魅せられてきました。



帰ってきたら「MAQUIA」が届いていて、、、
亀カメラのかめを見て、思わず笑顔になりました。
本当にかめって私の活力であり、癒しだわ。


今月のテーマは「つくる」
料理をしているかわいいかめがいっぱいいました。





料理するのはすごく好き。
ドームでライブした後も料理したりする。
さっきまで全身の神経を張り巡らしてカッコつけて大歓声を浴びていたのに
数時間後にはひとりでネギを刻んでいる。そのギャップが面白い(笑)
集中して作っているうちに自然と、自分の中が真っ白になって
リセットされるのがいい。







かめのこういうとこ、感心しちゃう!
あんなにクタクタになるまでやりきっちゃうライブの後に家に帰って
料理しちゃうなんて、私だったら考えられない。


こういうとこでもギャップを楽しんで、そこでリセットしちゃうって
ホントかめらしい!


やっぱりこういう仕事をしていると、そういうメリハリというか
気分転換というか、オレ亀梨から素の亀梨和也に戻るための手段が
必要なのかもしれないね。



で、ここでとうとう言っちゃったね!



根っから“創ること”が好きなんだと思う。仕事ももちろんそう。
ライブの演出はもちろん、自分で歌詞を書いている曲も少なくない。

「1582」とかも実はオレが書いたけど、事前には公表しなかった。
先に知ると深読みしたり、見方が変わったりするでしょう。
作品は作品として純粋にその世界を楽しんでほしいから言いたくない。




スガさんとの対談でこういうこと話してたよね。
その時にたぶん「1582」はそうなんだろうなって気はしてたけど
やっぱりかめが作詞して、ああいう演出も考えたんだろうね。



改めてかめの世界観の、才能の、深さ、大きさ、すばらしさに感動~!
あの「1582」を創り上げるかめってホントにすごい!!
あれが、かめの言うひらめきと気持ちなら、かめって深い!


かめはアイデアをストックしておかないと言ってるけど
まだまだ、もっともっと引き出しを持っていそうな気がする。
引き出しがなければ、ひらめきも出てこないものだと思うから、、、


モノを作る上でもうひとつ大切にしているのは、人とかぶらないこと、
新鮮な自分を見せること。
オレのソロコーナーが年々、舞台的な演出になっていったのも
KAT-TUNというグループに居たからこそ。



仁の「3011」を見た時に仁の世界観、表現力のすごさを感じたけど
たっちゃんの世界観も独特ですごいし、聖もすごい!
ゆっちにしてもじゅんのにしてもみんなそれぞれ自分を持ってる。



KAT-TUNってそういう個々の世界観をしっかり持っていて、
表現する力もすごい!!
そういう才能って、お互い刺激しあうよね。
刺激し合って、高め合う。KAT-TUNってそういうところが強い。


うん、やっぱりすごいグループだよね。


ふと気づいたんだけど、オレは何を作るにしても“足りない”って
いう感覚がない。今ある材料で美味しいものを作ろうとするのは料理と一緒。

ライブもそう。今の自分のひらめきや能力、一緒にやるメンバーやスタッフ
の力を最大限に生かそうとしてアドリブで作っていくから、毎回違う味の
ものができる。どんなに美味しくても同じものは二度と作れないけど
それがいい。






創ることに一生懸命なのは素の自分に自信がないのもあるかも。
そのままのオレで歌って踊るだけじゃ伝わっていない気がして、
頑張っちゃうのかなって(笑)

でもそれで創る力が磨かれるのならいいよね。



かめは、よく自分に自信がないって言うけど、、、
自信がないから、スイッチを切り替えてオレ亀梨になるんだろうね。
オレ亀梨になれば、自信が満ち溢れてくるのかな?


自信がないから、とにかく一生懸命頑張る。
自分の精一杯を出して、全力投球する。


かめってそういう子だよね。
かめは自信を持って大丈夫だよ!って思うし、そう言ってあげたいけど
誰にそう言われてもかめはたぶんそれに安心したりおごることなく
これまでと変わりなく、全力投球していくんだろうな。


そして、かめのそういうところに惚れこんでいるんだよね!

よかったらポチッと押してね!

ジャニーズブログラ<br />ンキング



生まれた場所

昨日の興奮冷めやらぬ、、で、かめのことを考えながら過ごした今日
仕事から帰ったら、「MAQUIA」が届いてた。



思わずすぐに読み始めたんだけど、なんだか泣けてきてしまって
いったいどんだけ涙もろくなっているんだろって思うくらいで
かめの想いやかめの言葉に涙腺がゆるんでしまう。



でもそれだけ亀梨和也って心を揺さぶる存在なんだよね。



亀カメラVol.3は「生まれた場所」
写真は「生まれる」というテーマですぐに思い浮かんだ実家の近所から
見えるスカイツリー






私の大好きなもののひとつにかめの家族語りがある。

子どもの頃はパシリに使われ、よくパンチされた兄ちゃんのことや
かわいい弟のこと、そして子どものことを心から愛して大事に育ててくれた
両親のことを話すかめが大好きで、、



それを聞いたり、読んだりしていると、本当にかめって愛されて
育ったんだなぁ~ってすごく感じる。



全然裕福な家庭じゃなかったけれど、愛情深くて尊敬している。
父親はダテ男。亭主関白でちょっとシャレていて、、。
兄弟のために昼も夜も働いてくれた。



母親は、ザ・日本の母!っていう感じの人。
どんな時も”自分より子どものこと”を徹底していた。
家事、仕事、子育てに大忙しでオシャレもメイクもめったにしないから
授業参観日は首から上だけ真っ白な顔で来て超恥ずかしかった(笑)


それでも母親が笑うと家中、みんなが自然と笑顔になる。
幸せな気持ちを引きよせてくれる。
オレにとっては理想の女性はやっぱり母親かな。


体力も家計もいっぱいいっぱいだったはずなのに
オレは一度も淋しい思いをしたことがない。
大変なこともあったけど、愛情面では満たされていた。
そこは今も自分のベースになっている。







でもデビューして仕事や環境の変化に自分の居場所を見失いかけて
家族ともうまく距離がとれない時期もあった。
でも気張っていたオレにも家族は変わらずに接してくれて。


そのうち全ては自分次第だと気づいたんだ。
家族との距離も自分がどうありたいかも、自分の軸さえあれば
変わらないでいられる。


KAT-TUNの亀梨である一方、息子として両親のことは永遠に尊敬しているし
自立した大人として言うべきことは言う。
家族とはそういう関係性をちゃんと育ててこれた。





かめはお母さん似だね。
だってかめが笑うと私達みんな自然と笑顔になる。
そしてみんなを幸せな気持ちにさせてくれる。


かめの笑顔がステキなのはお母さんの力が大きいね。



そして「これからの亀梨家」について熱く語り合う亀梨兄弟
二番目の兄ちゃんは熱くなりすぎて男泣き、、


熱いね!かめもすごく熱く語るタイプだけど、
亀梨家の男たちが熱いのはやっぱりお父さんが熱い人だからなのかな?




ステキな両親に愛情いっぱいに育てられたかめ
そこにあるのは、愛されているという安心感と絶対的な信頼感



そこは揺らぐことがないくらいしっかりしていて、
だからこそ、かめって何があっても気持ちがぶれない。
かめが言う自分の軸がしっかりしているから、、



それってやっぱりこんなステキな両親に愛されて育てられたからで
今の亀梨和也があるのも全て両親のおかげ、、、
ホント、ご両親に感謝です!



そんな両親に特に感謝するSpecial dayもいよいよ明日、、


24才ラストの一日をかめはどこでどんなふうに過ごすのかな?
メンバーからの「このプレゼント気に入ったにゃ」もあるし、
うれし楽し一日になるだろうね。

きっとかめの周りは今日も幸せな笑顔に満ち溢れているんだろうな。

よかったらポチッと押してね!

ジャニーズブログラ<br />ンキング

ステキなかめだからこそ

こんなバタバタ忙しい年末に洗濯機が壊れてしまい、
しなくちゃいけないことがいっぱいあるにも関わらず、
旦那と洗濯機を買いに、、、


いやぁ~洗濯機って高~い!もうビックリ!
そりゃ、いろいろあって値段もピンキリだけど、
ちょっと機能がいいと、かなりの値段、、、
洗濯機ってこんなに高かったっけ?



来年のKAT-TUNやかめのためにお金を貯めようと思っているのに
いろいろお金がいることばかり、、、


はぁ~!と落ち込んでたら、昼頃、MAQUIAが届き、そのかめを見たら
あまりにステキなショットで、暫し、ボー然と見入っちゃった!


やっぱり落ち込んだ時には、亀梨さんですね。


ストレートヘアーに少年のようなんだけど、どこか、けだるさを
感じるような物憂い雰囲気がなんとも言えないくらいステキ!



かめ自身のショットもステキだけど、かめが写したショットもステキで
キラキラ光る沖縄の海と砂浜、空、雲、そして流木
その全てのバランスがステキ!


まだ読んでない人が多いと思うので、あまり書かない方がいいと思うけど
一つだけ、読んでて切なくなったこと、、、




「カメラは怖いなとも思う。仕事で撮られるのはいいけど、
 プライベートではいまだに怖い。
 街に出て、携帯やカメラを持っている人を見ると警戒しちゃう。
 そんな日は部屋に置いてあるカメラがオレの方を向いているのも
 嫌で、キャップを閉める。」



どこへ行ってもどこかで見られてる感覚、、、
どこで見られているか、撮られているかわからない恐怖、、
人気者ゆえの辛さ。


一般人の私にはわからないけど、本当にかわいそうだなぁ~って思う。
職業柄、仕方ないのかもしれないけど、でもプライベートの時は
そっとしてあげてほしい。



最近はツイッターブームですぐに情報がまわっちゃうこともあって
かめも「『亀梨なう』なんてつぶやかないで」みたいなこと言ってるよね。


かめのことを知りたい!って思う反面、プライベートなことが
わかりすぎるのもホントかわいそうだなぁ~って思うわけで、、、


アクティブなかめだからこそ、プライベートは思いっきり楽しんでほしいね。


さぁ、もうすぐGoing!
かめに会える~!

よかったらポチッと押してね!

ジャニーズブログラ<br />ンキング